山中座HPもご覧下さい。http://www.kagashi-ss.co.jp/yamanakaza/


by yamanakaza
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2006年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧

●山中節道中流し
f0040218_16552555.jpg



日時:平成18年9月3日(日) 20:00~22:00
「道中流し道順」:きぬや→東町通り(三味線通り)→芭蕉の館

三味線演奏家 本條秀太郎本條流一門地元山中温泉の人達300人あまりが
三味線胡弓を弾きながら、踊りながら、温泉街を流します。

※幻想的な道中流しの姿が、新たな山中節の魅力を奏でます。
どなたでもご参加いただけます。是非この機会におたのしみください!

○お問い合わせ
山中商工会 山中節道中流し振興会
TEL:0761-78-3366 FAX:0761-78-1766
[PR]
by yamanakaza | 2006-08-25 17:15 | 山中節~歌詞・歴史~
9月2日、3日の2日間、山中温泉では盛りたくさんのイベントが開催されます!

●第23回日本海民謡祭 山中節全国コンクール
・日時 平成18年9月3日(日) 9:00~17:00
・会場 山中温泉文化会館
9:00~       大会長あいさつ・審査員紹介・審査員代表あいさつ
[第1部]
9:15~14:00  山中節全国コンクール予選
14:00~14:20 日本海民謡友好交換    加賀市無形文化財指定曲
    「黒崎土ねり節」加賀市黒崎土ねり節保存会
    「山中節」第22回最優秀賞受賞 中林 光雄
14:20~16:00 山中節全国コンクール本線

f0040218_1612227.jpg
[第2部]
16:00~16:40 
日本海民謡祭 『風に舞う』
 俚奏楽「雪の山中」
作詞・作曲 本條 秀太郎  /  
演奏 本條 秀太郎 社中
立方 藤 三智栄
 「山中節道中流し」
構成・作曲 本條 秀太郎
振付・踊り・演奏 山中節道中流し振興会
 「越中おわら」
振付 藤 三智栄 
踊り  藤 三智栄・藤 三智愛・藤 三智栄 社中
演奏 加賀山 昭 社中

16:40~17:00   
山中節全国コンクール審査結果
発表・講評・表彰式


※ご見学は無料です。全国から参加される皆さんの素晴らしい歌声と民謡の祭典をご鑑賞ください。

○お問い合わせ
事務局/山中節全国コンクール実行委員会 山中温泉観光協会内
TEL:0761-78-0330 FAX:0761-78-0332
[PR]
by yamanakaza | 2006-08-25 16:22 | 山中節~歌詞・歴史~
●浴衣娘(ユカタベー)

「山中温泉縁起絵巻」 を見ても分かりますように、昔はお湯に脱衣所がありませんでした。
浴衣娘(ユカタベー)は、宿屋からお客様についてお湯に行き、その浴衣を持って待っているという、お客様のお世話をする仕事をしていたそうです。

外で待っている間、湯治に来たお客様がお湯の中で「追分節」を唄っていたのを
聞惚れたユカタベーが、山中弁でなまって唄いだしたのが「山中節」と言われています。

湯治に来たお客様に想いを寄せるユカタベーの心情が歌詞に表れていて、
「出会いと別れ」を描いた「山中節」は、どこか優しくも切ない、深みのある曲といえます。

     「浴衣肩にかけ 戸板にもたれ 足でろの字をかくわいな」

    「送りましょうか 送られましょうか せめて二天の橋までも」


      
       こうしてお湯の中から生まれた「山中節」は生粋の温泉民謡なのです。
 

f0040218_15174616.jpg
                                 <山中節娘踊り>
                       
[PR]
by yamanakaza | 2006-08-24 16:54 | 山中節~歌詞・歴史~
●山中節
 山中節は遠く元禄の頃より唄われていました。その由来は、昔、付近の浜所の漁師たちが、春から夏場にかけ遠く北海道方面へ出稼ぎに行き、その地で習いおぼえた 「追分節」 を冬場に山中温泉へ湯治に来て、お湯の中でのんびり唄っていたのを、当時の浴衣娘(ユカタベー)が聞惚れて、山中なまりでまねたのが始まりと言われています。 

f0040218_15282443.jpg                             <ユカタベーといわれる娘たち>                                                         

 初めは、“湯座屋節”とか“湯の廊下節”といわれていたのが、何時とはなしに
“山中節”となったもので、その頃の唄に、
     
      「山が赤うなりゃ 木の葉が落ちる  やがて船頭衆が ござるやら」  

                                  と当時を物語る一節があります。

f0040218_15163689.jpg
                                    <山中温泉縁起絵巻>
                                   昔の「菊の湯」周辺になります
[PR]
by yamanakaza | 2006-08-23 18:42 | 山中節~歌詞・歴史~
9月4日(月)は機器メンテナンスのため菊の湯(男湯・女湯)がお休みです!
山中座は開館しておりますのでご見学、休憩はしていただけますが、
入浴はできませんのでご注意ください。
[PR]
by yamanakaza | 2006-08-21 17:34
「山中節」


♪忘れしゃんすな、山中道を 東や松山、西や薬師

♪薬師山から湯座屋を見れば シシが髪結ふて、身をやつす

♪送りましょうか、送られましょうか せめて、二天の橋までも

♪桂地蔵さんに、わしゃ恥かしや 別れ汨の、顔見せた

♪浴衣肩にかけ、戸板にもたれ 足でろの字を、書くわいな

♪山が高うて、山中見えぬ 山中恋しや、山にくや

♪谷にゃ水音、峰には嵐 あひの山中、湯のにほひ

♪薬師山から、清水を見れば シシが水汲む、程のよさ

♪今宵も来ぬかと、月黒谷の ぐちを岩間の、水の音

♪山が赤なる、木の葉が落ちる やがて船頭衆がござるやら

f0040218_16462193.jpg


歌詞を読んでみると、
切ない感情
唄っているのが
分かります。






<こおろぎ橋>
[PR]
by yamanakaza | 2006-08-18 16:36 | 山中節~歌詞・歴史~
(展示会の様子)
f0040218_15331750.jpg山中座ギャラリー
山中漆器の粋を集めたロビーの奥に位置する、落ち着いた雰囲気の山中座ギャラリーに作品を展示してみませんか。

山中座は菊の湯(女性共同浴場)と隣接しており、入浴に来られるたくさんのお客様に鑑賞していただけます。(入浴客は1日約1,000人です)


(作品は漆器、絵画、オブジェなど、今までたくさんの作品が展示されました)
f0040218_16565444.jpg
f0040218_16594331.jpg







●ギャラリー利用料
1日(9:00~22:00)=2,000円
※備品、設備に関してはお問い合わせください。

●お申し込み・お問い合わせ先
山中座(TEL:0761-78-5523 FAX:0761-78-5524
E-mail:yamanakaza@yamanaka-onsen.com)
[PR]
by yamanakaza | 2006-08-16 15:21 | 山中座施設利用案内
f0040218_14374386.jpg


●日時 平成18年8月20日
  受付 16:30開始~ (山中座にて受付)
  開宴 17:30(お食事付の場合は河鹿荘ロイヤルホテルにて19時開始となります)
●ショーのみ 3,000円    ご夕食付 13,000円
 ※詳細は下記までお問い合わせください。

●ご予約・お問い合わせ
河鹿荘ロイヤルホテル(TEL 0761-78-0017)
[PR]
by yamanakaza | 2006-08-14 14:31 | 山中座の催し物(過去)
しばらくこちらのブログを更新できず、
皆様には大変ご迷惑をおかけしました。

これからは(これからって何回言ったことか・・)
どしどし更新していきますので、どうか懲りずに
おつきあいください。よろしくおねがいいたします。

皆様より「山中座の~が知りたい!」や「~が見たい!」
また山中座の催し物で「~をやって欲しい!」など、ご意見リクエスト
を募集いたします。

文化交流の発信地として山中座はがんばって参ります!
たくさんのご意見、リクエストをお待ちしております!!

コメントをいただくか、メール(yamanakaza@yamanaka-onsen.com)
までお願いいたします。
[PR]
by yamanakaza | 2006-08-13 14:15
●お座敷太鼓
山中座定期上演「山中節四季の舞」 では、毎月数回にわたり
通常の内容とは別に「お座敷太鼓」を上演しております。
f0040218_11591876.jpg


伝統文化として日本古来より伝わる「お座敷太鼓」とは、
三味線に合わせて、一人の太鼓の奏者が大太鼓締太鼓を巧みな撥さばきで
打ち分けながら演奏されるものです。お座敷では「端唄」「長唄」などの曲に合わせて、 打ち方の強弱や、響かせ方を変えて演奏されます。

ここ山中座のように定期的に上演されることは大変めずらしく、
山中座でも不定期に行われますので、定期上演をご覧になったお客様でも
「お座敷太鼓」はまだ・・・。という方がたくさんいらっしゃいます。

この山中座ブログでは随時 「お座敷太鼓」上演日程をお知らせいたします
一斉に奏でられる太鼓と三味線の迫力を是非ご鑑賞ください!!



◆「お座敷太鼓」上演予定日  午後3時30分~午後4時30分 山中座ホール
平成19年2月10日(土) :
新年を迎えて定期上演では1回目のお座敷太鼓です。皆様どうぞお越し下さい!
[PR]
by yamanakaza | 2006-08-13 13:40 | 山中座の催し物(予定)